大阪・京都・滋賀・奈良・神戸のゴミ屋敷の清掃とごみ処理・汚部屋の片付け処分業者【パワークリーン】

ゴミ屋敷の解決方法

ゴミ屋敷の解決方法

はじめに

<部屋中がゴミで散らかってしまった、ごみが山積みでゴミ屋敷になったと悩んでいる人へ。>

ゴミ部屋を片付けるための実際の片付け方、方法、清掃業者に依頼する場合の要点など詳しく解説してみます。
ゴミ屋敷状態の中で暮らせば日常生活にも支障をきたし、虫の発生や不衛生環境のため健康にも非常に悪いのでできるだけ早めに解決することが望まれます。
お部屋を掃除することで快適な生活が復活するだけでなく仕事やプライベートにも充実感が生まれて、一石二鳥にもなります!

どんなにひどいお部屋でも誠実にやさしく、格安で対応します。悩む前にまず遠慮なくお電話ください!秘密厳守も徹底いたします!!
また、長年の実績と培った経験を基に、格安な費用で対応する努力も致します。

悩む前にまずはお電話ください。

電話をかける

1.ゴミ屋敷の共通する原因

ゴミ屋敷とは

ゴミが床面に散らかっており、足の踏み場もないくらいのゴミで埋め尽くされている住まいのことを指しています。
ゴミ屋敷の片付け方のはじめに、どうしてゴミ屋敷になってしまうのか原因について考察します。

1-a.全てが宝と勘違い

ゴミ部屋

ゴミ屋敷で悩んでいる人の多くが“またどこかで使えるかも?”と思い不用品処分しないことがあります。
最後に使用して、または着用して、1年以上使っていないものでも「いつか使うので必要!」と思い、捨てるという意思には繋がりません。
そのため、ある日気が付けばゴミ屋敷になってしまうのです。
「もったいない!また使うかも?」その思いを変えていくことが大切です。
普段使用しているものは思った以上に少ないことを再認識して断捨離していくとこが望まれます。

※以下の記事も参考にしてみてください。
http://www.ihinn.info/index.php?QBlog-20180305-1

1-b.収納方法や整理方法がわからない

整理収納の方法がわからない、片付けに対して苦手意識をもつことがゴミ屋敷に繋がるケースもあります。
部屋を片付けるにも整頓、収納が苦手な方、ゴミ屋敷を理解できない、ゴミと思っていない人もいます。
まともに見れば誰がみてもゴミ屋敷なのに、住人はゴミ屋敷を自覚をしていなくて、そのような住環境でも普通に暮らしている状態では片付けることができません。
先ずはじめに、ゴミ屋敷、ごみ部屋状態であることを理解しなければ、片付けする意識が起きないでしょう。

1-c.ADHDが原因

ゴミ屋敷住人の中にはADHD(注意欠如多動性障害)を発症していることが原因の場合もあります。
この症状のため、お部屋片付け方を理解できずにゴミ屋敷になってしまいます。
ADHDは1人で片付けができない、作業の進め方がわからないなどの症例があり、第三者の力を借りなければ片付けできないかもしれません。

2.ゴミ屋敷の片付け方法

2-a.知人や親族に助けてもらう・業者に依頼する

ゴミ屋敷は物量が多すぎると1人では片付けられない場合もあります。
そのような場合、ゴミ屋敷を片付けるときは知人や親族の手を借りなければなりません。
快く手伝いしてもらえば時間も手間も少なく済み、思った以上に片付けが進みます。

然しながら、他人に見られたくない、親に知られたくない、などの悩みもあります。
そのような場合は、ゴミ屋敷片付け専門業者に依頼しましょう。
貴重品の確保だけすれば、あとは業者がすべておこなってくれるので、体力も使うことなく、知人、親族に知られずに済みます。
業者に依頼すると、対価として作業費用はかかりますが一番早い解決方法です。

2-b.実際の片付け方について

実際にゴミ屋敷の片付け方解説します。

1.導線確保をしながら玄関から廊下、居室の角に向かって袋詰めして搬出する。
2.空いた部屋の角に捨てるか迷ったものをここでは迷わず仮置きしながら空きスペースをどんどん広げていく。
3.部屋の中央に空きスペースができれば、そこを分別場所にして梱包を進める。
4.最後に作業中、角に仮置きした迷った物を、じっくり選別しながら断捨離していく。
※袋詰め作業や搬出中はなるべく必要不用については迷わない。迷ったらまず空きスペースに仮で確保すること。

ゴミ屋敷の掃除はとにかく思い切りと速度が大切です。迷えばそれだけ作業が進みません。
通り道の確保ができれば角を目指してゴミの搬出をしてください。空いた部屋の角が貴重品や、捨てるか迷った物を置くことができるので、
安心して作業を進めることができます。

2-c.1級整理収納アドバイザーからのお願い

ゴミ屋敷に戻らないための心得
「ジャンル分けと置き場所の決定」
よく着る衣類、使用頻度の多い雑貨、生活必需品などはある程度考えなくても大丈夫ですが、使用頻度の少ないものこそ
ジャンル分けしてタンス、押し入れ、クローゼットに収納してください。

「物を増やさない」
(消耗品の買い溜めしない)(衣類は首が黄ばむ、ゴムが伸びるなどすれば捨てる)(本は読んだら売る,雑誌は読んだら捨てる)
全てが捨てられるわけではないこともありますが、常に頭の中に少しだけ断捨離の気持ちがあれば相当改善します。

3.ゴミ屋敷片付け業者に依頼するケース

1人ではどうしても片付けられない人のための唯一の方法となっています。
業者に依頼すれば短時間ですぐに片付けできます。気力・体力も使わずに済みますのでメリットは多くあります。
自分ではしない代わりに業者に依頼すると費用が発生しますが、信頼おける業者に依頼しればゴミ屋敷問題も解決できます。
どのくらいの費用になるのか一度相談してください。
業者に依頼するときに大切なことは業者選定方法です。

1、ゴミ部屋片付け専門部署のある会社か?
2、電話でも概算費用の案内ができるか?
3、見積もり担当者の見積もり方は熟練しているか?
4、納得できる料金提示か?
※業者側は、依頼者から偉そうにされたり無愛想にされると心理的に億劫になり全力で協力的な見積もりができないことがあります。
依頼者の方も、「真剣に片付けたい」という熱意を見せる必要があります。
熟練した業者ならば、依頼者の熱意を感じとれば最大限依頼者の要望に適した見積もりをするはずです。
※ちなみに、弊社は熟練社員が対応しております。

終わりに

ゴミ屋敷の片付けについて様々な目線からアプローチしました。
ご自分で解決できれば一番最高ですが、片付け専門業者に依頼することで日常生活が劇的に改善した方々も多くおられます。
今、この記事をご覧の方は片付けする意思がある方です。
いくつかのゴミ屋敷掃除、片付け方をご案内しましたが、ごみ部屋の解決に繋がることを切に願いながらご挨拶といたします。

【先頭へ戻る】

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional