大阪・京都・滋賀・奈良・神戸のゴミ屋敷の清掃とごみ処理・汚部屋の片付け処分業者【パワークリーン】

枚方市

枚方市ゴミ屋敷そうじと片付けと分別方法

どんなにひどいお部屋でも誠実にやさしく、格安で対応します。悩む前にまず遠慮なくお電話ください!秘密厳守も徹底いたします!!
また、長年の実績と培った経験を基に、格安な費用で対応する努力も致します。

悩む前にまずはお電話ください。

フリーダイヤル0120-055-441

排出にあたっての基本ルール・注意事項

•無色透明・白色半透明の45リットル以下のポリ袋で出してください。
•収集日当日の朝8時45分までに決められた場所に出してください。
•草花・落ち葉は月木コースなら木曜日。火金コースなら金曜日に1世帯1袋のみ収集します。
•(注意)必ず名前を書いて出してください。
•草花・落ち葉を1度に2袋以上出す場合は、粗ごみになります。(注意)『せん定枝』は粗ごみになります。
•廃食用油は、布や紙に吸着させたり、固化剤等で固化させるなど飛散しないようにしてから出してください。
•台所から出るごみはしっかり水切りして出してください。
•小型可燃プラスチックはためずに家庭一般ごみに出してください。
•空き缶やびん・ガラス類が混入されている場合は取り置きの対象となります。
•平成20年2月からペットボトル・プラスチック製容器包装の収集を行っていますが、お買い物をされたスーパーでペットボトル、食品トレー等を回収されている物はそちらのリサイクルされる方へ排出をするなどして、ごみ減量にご協力をおねがいいたします。

違反ごみについて

枚方市ではごみ出しのルールにもとづいていないごみは、違反ごみシールを貼付して取り置きをしています。

取り置きされたごみは、近所の住民のみなさん等に迷惑になりますので、ルールを守って出してください。
•青色や黒色などの色付き袋・紙袋などの袋に入ったごみ。
•空き缶、びん・ガラス類や不燃物が混入されているごみ
•草花・落ち葉の排出日違いや記名のないもの
•事業に伴って出たごみ
•袋に入っていないごみ(例:ダンボールや発泡スチロールをそのままの状態で排出された場合)

からす対策について

現在ごみステーションにおいて、からす等の小動物によってごみステーションをあらされるという被害が多発しています。しかし決定的な対策がないため、効果的な対策として調理くず等を見えにくくするという方法があります。ただし、袋の中身がまったく見えないようにすると違反ごみのチェックができませんので、取り置きの対象になりますのでしないでください。
1.水分を十分に切る
2.調理くず等だけを新聞紙やチラシなどで包み、見えないようにする
3.さらに、その包んだ物を隠すようにごみ袋の中心に入れ、周りにそれを遮るものを入れて、袋口をきちんと結ぶ

これらのことを行い、さらに、上空から見えないように置き方を工夫し、からすネット・シート等をかぶせると効果的です。ネットやシートはホームセンター等で販売されています

ごみの分別に関するよくあるお問合せ

次のものは一般ごみに出してください。(無色透明・白色半透明の45リットル以下のポリ袋で出してください。)
•CD・DVD
•カセットテープ・ビデオテープ
•プラスチック製密閉容器
•使い捨てカイロ

ゴミ屋敷片付けの対応地域(関西)

大阪・兵庫・神戸・京都・滋賀・奈良のすべての地域でゴミ部屋・ゴミ屋敷の片付けとお掃除をさせていただいております。

分別・梱包・搬出・おそうじまで全て代行します。

ゴミ屋敷掃除と片付けのパワークリーン
株式会社エース
0120-055-441

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional