大阪・京都・滋賀・奈良・神戸のゴミ屋敷の清掃とごみ処理・汚部屋の片付け処分業者【パワークリーン】

豊中市

豊中市ゴミ屋敷片付けと掃除、分別方法

どんなにひどいお部屋でも誠実にやさしく、格安で対応します。悩む前にまず遠慮なくお電話ください!秘密厳守も徹底いたします!!
また、長年の実績と培った経験を基に、格安な費用で対応する努力も致します。

悩む前にまずはお電話ください。

フリーダイヤル0120-055-441

可燃ごみの出し方

対象となるもの(一例)

可燃ごみ

生ごみ
プラスチック製品
(プラマークのないプラスチック)
ゴム・皮革製品
落ち葉・葉刈・雑草

可燃ごみの出し方

豊中市指定ごみ袋に入れて出してください。
・プラスチック製品(プラマークのないもの)やゴム・皮革類も可燃ごみです。
・プラスチック製容器包装(プラマークのあるもの)でも、汚れの落ちないもの(調味料のチューブ等)は可燃ごみです。
・落ち葉などは、1回に2袋以上出す場合は、臨時ごみ(有料)で申込んでください。
・座布団や布団などは、切ったりせずに豊中市の指定ごみ袋に入れば可燃ごみでお出しいただけます。(袋に入らない大きな布団などは「粗大ごみ(有料)」としてのお申し込みが必要です。)

可燃ごみを減らしましょう!

(1)分別の徹底
   可燃ごみで排出されているものの中にはリサイクル可能な紙類が多く含まれています。それらの雑がみは「紙・布」の日に出してください。

紙・布の出し方

(2)水切りの徹底
   生ごみは8割程度が水分で構成されています。「水切り」をしっかりすることでごみの重さが減り、処理施設での焼却効率の向上にもつながります。

不燃ごみを減らすための取組み

豊中市ではこれまで、プラスチック製品やゴム・皮革類は「不燃ごみ」として収集していました。しかしながら、不燃ごみは減容化(かさを減らすこと)のみの処理で埋め立て処分を行うため、燃やして灰になる可燃ごみと比べて最終処分場に埋め立てる量が必然的に多くなってしまいます。
そこで豊中市では平成24年度から、これらのものを「可燃ごみ」として収集するようになりました。
プラスチック類を燃やすことについては、有害ガスの発生を懸念されることもありますが、焼却技術の進歩により、燃焼温度を管理することで有害ガスが発生しないことが分かっております。また、焼却施設を有する豊中市伊丹市クリーンランドでは、排出ガスの安全性についても検査を行っています。
なお、プラスチック製品などを「可燃ごみ」とすることで、もう一つのメリット、発電量の増加も見込まれます。ごみを焼却する際のエネルギーで発電をしており、その電気を売却することで収入を得ています。売電収入の増加という観点からも、不燃ごみから可燃ごみに分別方法を変え、「リサイクルできないが燃やせるものは燃やす」ことは有益です。

ゴミ屋敷片付けの対応地域(関西) Edit

大阪・兵庫・神戸・京都・滋賀・奈良のすべての地域でゴミ部屋・ゴミ屋敷の片付けとお掃除をさせていただいております。
分別・梱包・搬出・おそうじまで全て代行します。

ゴミ屋敷掃除のパワークリーン
株式会社エース
0120-688-850

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional