大阪・京都・滋賀・奈良・神戸のゴミ屋敷の清掃とごみ処理・汚部屋の片付け処分業者【パワークリーン】

赤穂市

赤穂市とは  ゴミ屋敷片付け業者

どんなにひどいお部屋でも誠実にやさしく、格安で対応します。悩む前にまず遠慮なくお電話ください!秘密厳守も徹底いたします!!
また、長年の実績と培った経験を基に、あらゆる同業他社よりも格安な費用で対応する努力も致します。

悩む前にまずはお電話ください。

片付けフリーダイヤル0120-055-441

赤穂市の概要

のちに忠臣蔵として語り伝えられることとなる赤穂事件ゆかりの地である。毎年12月14日には赤穂市最大の催しとして赤穂義士祭が行われている。古くから塩田(入浜式塩田・揚浜式塩田・流下式塩田)が栄え、生産されている塩は「赤穂の塩」として全国に流通している。市の中心部を流れる、千種川(名水百選)の豊富な水系に恵まれた赤穂市は水道料金(簡易水道を除く家庭用水道料金)が国内で一番安い。400年前(1616年)に敷設され、現在でも市内の随所にその遺構が残る赤穂上水は、神田上水(東京都)福山上水(広島県)と並んで日本三大上水道(江戸三大上水道)のひとつに数えられる。平成24年2月、赤穂市は「健康とスポーツを新機軸としたスポーツ先進都市」の実現を目指すため「スポーツ都市」とすることを宣言している。

出身有名人

大石良雄(良雄は諱で、通称(仮名)は内蔵助。赤穂藩筆頭家老1,500石。赤穂四十七士のリーダー。)
服部武雄(新選組、のち御陵衛士。)
長安周得(本名は義信。幕末から明治にかけて活躍した絵師。土佐派の佐野龍雲に絵を学ぶ。文政十年(1827)に朝廷より法橋位に叙せられた。花岳寺本堂に残る虎の天井画は義信の作といわれる。)
北條文信(明治から大正にかけて活躍した絵師。法橋位に叙せられた。)
長安雅山(赤穂町生まれの画人。長安義信(周得)は祖父。橋本雅邦の門弟。赤穂義士の研究成果を絵画に反映。) 
松崎伊織(大日本帝国海軍中将、艦政本部大阪監督長。)
平田内蔵吉(医学者、民間療法家。弟の平田晋策は戦争小説家。長男の平田穂生はシナリオライター。孫の平田オリザは劇作家。)
是川銀蔵(事業家、投資家、慈善家、日本最後の相場師とも呼ばれた。)
平尾孤城(大正 - 昭和期の赤穂義士研究家。赤穂市と吉良町(西尾市)の交流に尽力。赤穂城大手門・大手隅櫓の復元、義士木像の建立を果たす。)
中村義夫(尾崎生まれの洋画家。渡仏し、フランス絵画を学ぶ。帰国後は志賀直哉らと交流。奈良市にアトリエを構える。)
河原侃二(赤穂町生まれの俳優・詩人・写真家。萩原朔太郎、北原白秋、室生犀星、などが参加した詩誌『侏儒』(こびと)を創刊、17歳にして同誌の編集人となる。)
辰巳柳太郎(坂越生まれの俳優。島田正吾と共に新国劇を支え、緒形拳などを育てた。)
坂本武(坂越生まれの映画俳優。無声映画の時代から小津安二郎や木下恵介などの映画に多数出演。初期の小津作品(喜八物)で好演。)
藤本達夫(ローマオリンピック競泳男子4×200m自由形リレー銀メダリスト。)
西山松之助(東京教育大学名誉教授 家元制度研究家。)
廣山堯道(文学博士。日本塩業史研究の第一人者。赤穂の博物館や民俗学研究の礎を築いた。)
木村碩志(日本の企業家、薬学者。アース製薬の元常務取締役で、同社の大ヒット商品「ごきぶりホイホイ」の生みの親。同社の前身である木村製薬所の創業者・木村秀蔵を祖父に持つ。
三浦寛二(芸能プロダクション社長。歌手尾崎紀世彦のマネージャー時には「また逢う日まで」が日本レコード大賞を受賞(1971年)。カノックスでは、創業者の久世光彦らと共に、TBS系のドラマを中心に数々の名作をプロデュースした。代表作「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」。)
土佐信道(吉本興業所属の中小企業/電機メーカーを模した芸術ユニット、明和電機の「代表取締役社長」かつ「正社員」。正道は兄。)
土佐正道(明和電機のメンバーで、元「代表取締役社長」、現「会長」。信道の兄。)
大西厚樹(ファッションデザイナー。BIGI GROUPのブランド「アツキ オオニシ(ATSUKI ONISHI)」メンズブランド「ルパート(RUPERT)」を創設。)
秋田泰治(赤穂市在住の作詞家 石本美由起、宮川哲夫、星野哲郎らと同じ高橋掬太郎門下。)
鍋島壽夫(代表作「その男、凶暴につき」「ハチ公物語」「四十七人の刺客」「最後の忠臣蔵」「蜩ノ記」などの映画プロデューサー。) 
友道康夫(JRAG1優勝馬の調教師)
後藤仁(日本画家・絵本画家。神戸移情閣等の金唐革紙の制作。)[5]
濱田隼平(中京テレビ放送のアナウンサー。元山口朝日放送アナウンサー。)
高尾典江(ブラジル音楽を中心に活躍する、ジャズ・ボサノバ歌手。)
釣俊輔(日本の音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、作詞家。アゲハスプリングス所属[6]。
小国以載(角海老宝石ボクシングジム所属のプロボクサー。第40代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級、第37代日本スーパーバンタム級王者。)

ゆかりの有名人

秦河勝(大和朝廷で活躍した秦氏出身の豪族。聖徳太子の側近。晩年、千種川流域を開拓し坂越にて没。)
浅野長矩(赤穂藩第3代藩主。江戸城・松の廊下にて吉良義央に刃傷。即日切腹。)
山鹿素行(兵方学者・儒学者。江戸幕府により、朱子学を批判して赤穂藩に流罪とされた。浅野家では山鹿流軍学を教授、赤穂城の築城にも助言した。)
吉良義央(幕府高家旗本。「忠臣蔵」の敵役。)
森長直(備中西江原藩の第2代藩主。後に赤穂藩の初代藩主となり、塩田開発に積極的に取り組む。)
赤松滄洲(江戸時代中期の儒学者。実父、養父共に、播磨国の豪族赤松氏出身。赤穂藩の儒臣となり、藩校設立に尽力、家老にまでなった。)
大鳥圭介(江戸末期の陸軍奉行。のち明治政府で駐清公使。)
仙珪和尚(花岳寺21代(明治4年 - 大正元年)住職。桜魂社を組織して大石邸址ほかの用地を買収 大石神社の創設に奔走)
藤本東一良(洋画家。日本芸術院会員。伊豆下田生まれ。両親が赤穂で廻船業を営む。)
新倉美子(戦後、ジャズ歌手・女優として活躍。赤穂出身の俳優辰巳柳太郎の長女。)
吉岡秀隆(日本の俳優。母親の出身地が赤穂。)
樫本大進(ヴァイオリン奏者。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスター。母親が赤穂出身で、幼少期に赤穂市立赤穂小学校に体験入学。ル・ポン国際音楽祭の音楽監督。)
AKR47(歴史バラエティ番組『戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜』で紹介される、赤穂四十七士をモチーフとした男性アイドルユニット。)
パク・ジュニョン(韓国・釜山出身の歌手。ジョージ・プロモーション所属。日本デビュー前に赤穂市内にホームスティした事が縁で赤穂観光大使を務める。12ch(JUNY CHANNEL)カジャカジャ赤穂!)[27]
ヒラオコジョー・ザ・グループサウンズ(メンバー5人中3人が赤穂出身者(ギター&ボーカル・平尾志信、ギター・田中健介、ベース・原想)で構成される音楽バンド。日本生命保険のキャンペーンソング「幸せの近道」などを歌う。平尾志信は平尾孤城の孫。)

赤穂が関連した主な映画・ドラマ

※以下、忠臣蔵関連の作品は、出演者のうち主役と大石内蔵助役のみ抜粋。制作中、公開前の作品も含みます。
『赤穂浪士 天の巻・地の巻』(1956年) 東映創立5周年記念作品。内蔵助-市川右太衛門
『赤穂浪士 (映画)』(1961年) 東映時代劇の黄金期のオールスターが出演した豪華版。「赤穂浪士(天の巻・地の巻)」のリメイク。東映創立十周年記念作品。内蔵助-片岡千恵蔵
『赤穂浪士 (NHK大河ドラマ)』(1964年)NHK大河ドラマ・第2作。内蔵助-長谷川一夫 
『縁結び旅行』(1970年)松竹映画「旅行」シリーズ第5作。国鉄播州赤穂駅が舞台。出演/フランキー堺 金井克子 倍賞千恵子 ミヤコ蝶々 伴淳三郎他。
『元禄太平記』)(1975年)NHK大河ドラマ・第13作。柳沢吉保-石坂浩二 内蔵助-江守徹 
『赤穂浪士』(1979年)テレビ朝日開局20周年記念番組。内蔵助-萬屋錦之介
『峠の群像』(1982年)NHK大河ドラマ・第20作。内蔵助-緒形拳
『四十七人の刺客』(1994年)東宝。日本映画誕生100周年記念作品。市川崑監督。内蔵助-高倉健。
『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(1994年)松竹誕生100周年記念作品。深作欣二監督。民谷伊右衛門-佐藤浩市 内蔵助-津川雅彦。
『赤穂城断絶』(1978年)東映。内蔵助-萬屋錦之介
『赤穂浪士』(1999年)テレビ東京『12時間超ワイドドラマ』(現在の『新春ワイド時代劇』)。全六部。内蔵助-松方弘樹 
『元禄繚乱』(1999年)NHK大河ドラマ・第38作。内蔵助-十八代目中村勘三郎※当時は中村勘九郎
『忠臣蔵1/47』(2001年)フジテレビ時代劇ドラマ。堀部安兵衛-木村拓哉  内蔵助-佐藤浩市
『忠臣蔵〜決断の時』(2003年) テレビ東京新春ワイド時代劇。テレビ東京と松竹制作。全4部。内蔵助-中村吉右衛門
『忠臣蔵』(2004年)テレビ朝日開局45周年記念企画。内蔵助-松平健
『最後の忠臣蔵』(2004年11月5日 - 2004年12月10日)NHK金曜時代劇。寺坂吉右衛門-上川隆也 瀬尾孫左衛門-香川照之(九代目市川中車) 内蔵助-北大路欣也
『忠臣蔵 瑤泉院の陰謀』(2007年)テレビ東京新春ワイド時代劇。内蔵助-北大路欣也
『忠臣蔵〜その男、大石内蔵助』(2010年) テレビ朝日ドラマスペシャル。内蔵助-田村正和 
『最後の忠臣蔵 (映画)』ワーナー・ブラザース(2010年12月公開) 寺坂吉右衛門-佐藤浩市 瀬尾孫左衛門-役所広司 内蔵助-片岡仁左衛門(特別出演)
『忠臣蔵〜その義その愛〜』(2012年)テレビ東京新春ワイド時代劇。堀部安兵衛-内野聖陽 内蔵助-舘ひろし
『47RONIN』ユニバーサル・ピクチャーズ/東宝東和。(2013年12月公開) 主人公・カイ-キアヌ・リーブス 内蔵助-真田広之
『タイムスリップ!堀部安兵衛』(2014年)WEBドラマ。三井不動産レジデンシャル株式会社製作。堀部安兵衛-大森南
『ラスト・ナイツ』(全米公開2015年4月3日。日本公開2015年11月14日)原題/The Last Knights of Ako。米配給ライオンズゲート。監督/紀里谷和明。出演/クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマン、伊原剛志 他。忠臣蔵のストーリーを元にしたアクションアドベンチャー作品。プラット赤穂シネマにて、監督を招いた公開記念特別試写会が開催された。
『暗殺教室』(第1作2015年3月、第2作2016年3月公開)東宝。主要な登場人物に、仮名手本忠臣蔵の登場人物名を使用しており、劇中のE組生徒は赤穂47浪士の名前がつけられている。
『四十八人目の忠臣』(2016年9月〜12月)NHK土曜時代劇『四十八人目の忠臣(仮)』予告サイト 原作は諸田玲子「四十八人目の忠臣」。2016年5月から新設されたNHK土曜時代劇の第2弾(NHK総合・毎週土曜日・午後6時10分〜6時45分)の連続ドラマとして放送。

ゴミ屋敷片付けの対応地域(関西)

大阪・兵庫・神戸・京都・滋賀・奈良のすべての地域でゴミ部屋・ゴミ屋敷の片付けとお掃除をさせていただいております。

分別・梱包・搬出・おそうじまで全て代行します。

ゴミ屋敷掃除と片付けのパワークリーン
株式会社エース
0120-055-441

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional